妊娠中にやりたいこと~マタニティヨガで胎児の成長を促す~

女医と看護師

男性にも起こる不妊症とは

悩む男女

男性不妊とは、男性側に不妊の原因があることを言い、全体の不妊原因の約4割を占めます。これは女性と同じくらいの割合となり、決して珍しくない症状なのです。このため、不妊治療は男性も積極的に取り組んでいかなくてはいけないこととなり、高度な技術で妊娠できる可能性は十分にあります。

View Detail

増加する受診者

悩む女の人

大阪で不妊治療を希望しているのであれば、産婦人科などに行ってみるといいです。その際に、普段から、基礎体温を付けてグラフにしておくと、治療の手がかりになります。また、脱ぎ着しやすい格好で受診をすると、診察もスムーズになります。

View Detail

楽な姿勢で出産を

妊婦

フリースタイル分娩は最近取り扱う産科が増えてきた分娩スタイルです。リラックスでき、楽な姿勢のまま出産を迎えることが出来るため選ぶ人が増えています。場合によってはフリースタイル分娩ができないことがあるため、バースプランについて病院と家族としっかり話し合い選択するとよいでしょう。

View Detail

ヨガのメリットと注意点

妊婦

ヨガのメリット

妊娠中にマタニティヨガを始める人が増えています。ヨガにはたくさんの良い効果があります。妊娠中にヨガをすることで、胎児や出産に良い影響を与えます。妊娠中は体重管理がとても難しいです。体重が増えすぎると妊娠中毒症や妊娠糖尿病になる可能性が高くなります。また、体に脂肪が付くことで難産になる場合があります。妊娠中は激しい運動ができません。ヨガやウォーキング、水泳など自分のペースでゆっくりできる運動がおすすめです。マタニティヨガは、体重管理以外にも様々な効果があります。出産は呼吸法がとても大切です。ヨガで呼吸法を学ぶことで安産に繋がります。また、柔軟性も身に付けることができます。静かな環境の中でゆったりヨガをすることで、お腹の胎児の動きに敏感になります。ヨガの時間は、赤ちゃんと向き合う貴重な時間です。

ヨガの注意点

最近では、マタニティヨガ講座を行う産婦人科が増えています。妊婦にとってマタニティヨガは、ストレスや不安を軽減してくれる最適な運動です。しかし、妊娠中に運動をする時は細心の注意が必要です。医師から安静を指示されている場合は、運動を避けることが重要です。妊娠中にトラブルがない場合も、医師の許可を得てからヨガを始めることが大切です。ヨガの開始時期は、妊娠初期を避けて安定期に入ってから行います。お腹に負担をかけないために、ゆったりした服装でヨガマットの上で行います。妊娠中に注意点を守りながら運動をすることはとても重要です。お腹が張ったり気分が優れない時は、運動を避けて安静にします。無理をしないことが、運動を長く続けられるコツです。